Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« CDショップ業務用店頭試聴連奏機 | トップページ | HyCAAの特性を測定しました »

2012年7月12日 (木)

HyCAAの歪み波形は

Hybrid classAA Headphone Amplifier

HyCAA  ハイカーヘッドホンアンプの歪みは。。。
 
Hycaa1mw_1
 
30Ω負荷、1mW時の波形です。
 
上の波形が出力波形で、下の波形が歪みモニター波形です。

これだけ綺麗に2次歪みだけが出ているのは、見たことがないです。 まぁ、私は真空管アンプの作成は殆ど経験がないですから、そっちの世界では当たり前の事なのかもしれませんが・・・
 
歪みモニター波形の方が綺麗な正弦波に見えるのには笑えます。

この2次歪が特徴的な音を作っているのは明らかで、ご想像のとおり大音量で聴くためのアンプではないです。 

 
 
ちなみに、ぺるけ式HPAの1mW時の歪みモニターはこんな感じ。  
 
Peruke1mw_1
  
2次歪みと3次歪みが混ざると、こんな形になります。 
この波形の場合は、2次の方がまだ多いように見えます。  
また、HyCAAより一桁以上歪みは小さいです。  

« CDショップ業務用店頭試聴連奏機 | トップページ | HyCAAの特性を測定しました »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55158571

この記事へのトラックバック一覧です: HyCAAの歪み波形は:

« CDショップ業務用店頭試聴連奏機 | トップページ | HyCAAの特性を測定しました »

サイト内検索

Sponsors link

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ