Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« HyCAAの歪み波形は | トップページ | 12Vで動作する真空管 »

2012年7月13日 (金)

HyCAAの特性を測定しました

Hybrid classAA Headphone Amplifier

ハイカーの歪み率特性と周波数特性を測定しました。

結果はご覧の通りです。

Hycaa_thd1
 
 
Hycaa_freq1
 
 
歪み率は、かなり酷いです。 1mW時で7%を超えています。

ちょっとありえないですね。  でも、音楽を聴くとそんなにひどくはない。 

といいますか面白い音が聴けます。 ただし、音量を上げられません。 

だいたい0.1mWから0.2mW程度の小音量で心地良い響きです。 
歪率でいうと3%を超えるといけないような感じです。  

  何か改善策を考えなければなりませんね。

YAHAに比べて低域特性を改善したので、ベースとかバスドラムとかの輪郭と量感が増して聴き応えのある音になっています。 

5687よりリニアリティは確実に悪化していますが、細かい音の表現は12AX7の方が得意な傾向にあるようです。 もちろん通常の電圧で使えば、その傾向は違ったものになると思います。
ここではあくまでも12V単一電源での評価となります。 

単純に歪率が低く帯域が広ければ音質が良いというものでもないというのが不思議ですね。
静特性では測れていない部分が多いのかもしれません。
 
ゲインは3.75倍。
S/N比は77.5dB(A-WAIT 500mV時) 
 
12AX7はゲインが非常に高いのでノイズを多く拾ってしまいます。 難しい球ですね。
気になりだすと気になるノイズレベルです・・・

===<追記>====================== 
 歪率のカーブをよく見ると2箇所で線が折れ曲がって見えます。
 3mWのところは信号がクリップした部分ですが、0.2mWあたりの曲がり角は
 一体なんでしょうか。 
 ここの角を境に、音がうるさくなっているようにも感じます。 
 改善するのであれば、このあたりに注目していく必要がありそうです。
 
 

« HyCAAの歪み波形は | トップページ | 12Vで動作する真空管 »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55158880

この記事へのトラックバック一覧です: HyCAAの特性を測定しました:

« HyCAAの歪み波形は | トップページ | 12Vで動作する真空管 »

サイト内検索

Sponsors link

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ