Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 寄生発振の対策手法 | トップページ | アンプのスイッチングノイズとは »

2012年7月 5日 (木)

Hybrid classAA Headphone Amplifier

Hybrid classAA Headphone Amplifier

遂に!  この時がきました。  というのはちょっと大げさです。 

 

真空管1段増幅とclassAA回路のハイブリッドヘッドホンアンプです。

公知の回路の合わせ技というだけです。 どこにもオリジナルなところはありません。
一見YAHAっぽいですが、カソードに抵抗をいれて自己帰還する事でゲイン制限と帯域改善している1段増幅回路です。 

 

後半は0dBアンプと電流供給アンプとをブリッジした正真正銘のテクニクスclassAA回路です。
 
Hcaa_1 

名称は、どうしましょうか。  何のひねりもなく Hybrid classAA Headphone Amplifier からとって 

  HCAA Headphone amp   読めないし・・・
 

  HyCAA Headphone amp   「ハイカー ヘッドホンアンプ」 でどうでしょう。

 

ちなみに、0dBアンプ部を除いた、無帰還方式のHybrid classAAも考えましたが、リニアリティが更に悪化しそうなのでこの構成にしています。 

 

増幅段の歪みやキャラクタのおかげで、classAA回路の低歪みなところを活かせないと思われるかもしれませんが、私は純粋に真空管の負荷を低減して、そのままの音を聴いてみたい衝動に駆られています。

 

 

« 寄生発振の対策手法 | トップページ | アンプのスイッチングノイズとは »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55113439

この記事へのトラックバック一覧です: Hybrid classAA Headphone Amplifier:

« 寄生発振の対策手法 | トップページ | アンプのスイッチングノイズとは »

サイト内検索

Sponsors link

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ