Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« HyCAA改良? 改変? | トップページ | 20kHz以上の音は不思議がいっぱい »

2012年7月26日 (木)

0dB HyCAAの特性

0dB HyCAAの特性を測ってみました。

0db_hycaa_12au7_thd

歪み率です。  負荷はいつも通り30Ωです。  
出力の抵抗を33Ωまで大きくしたので、得られる出力は少し目減りしています。
自分の使い方では2mWくらいが実用範囲なので、5mWがクリップポイントですからギリギリという感じです。


0db_hycaa_12au7_freq

周波数特性です。  出力の抵抗が33Ωとなったので、低域が少し伸びました。
高域は少し伸び過ぎかもしれません。 
100kHzで-1dBから-2dB程度が聴きやすく感じるポイントと考えています。


S/N比は、なんと驚愕の100dB。 (A-wait 500mV基準) 
真空管をつかっても、これだけのS/Nが得られるのですね。

しかも、電源はスイッチングアダプタです。 PC外付けDVDライター用の12V電源です。 
そして箱は100円ショップの木製ケースです。 信じられません。 
 
もちろん秋月のスイッチングアダプタでもノイズは殆ど聞こえません。 
計測するとS/Nは悪化しますが、中高域が少しにぎやかな音になるので、これはこれでアリと思います。

 
 

« HyCAA改良? 改変? | トップページ | 20kHz以上の音は不思議がいっぱい »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55248527

この記事へのトラックバック一覧です: 0dB HyCAAの特性:

« HyCAA改良? 改変? | トップページ | 20kHz以上の音は不思議がいっぱい »

サイト内検索

Sponsors link

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ