Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« YAHAアンプの歪率特性 | トップページ | テクニクス ClassAA回路とは »

2012年6月29日 (金)

YAHAアンプ 特性改善と測定結果

プレートに入れている抵抗を22kΩから47kΩに変更しました。
その結果、クリップポイントは約15mWまで上がりましたので歪率など測定しなおしました。
 
前回と同じく負荷は30Ωです。 

 
Yaha_thd2

ついでに周波数特性がこちらです。 

高域はアナライザの発振器が150kHzまでなので、そこまでしか測れません。 負荷が30Ωで、カップリングコンデンサの容量が470uFなので、低域がちょっと狭いです。 -3dBが25Hz近辺となっています。
 
Yaha_freq 

こちらが、現在の回路図。  

Yaha_sche4 

ゲインは約6.8倍になりました。  

周波数特性から想像するよりは低音の量感は普通にありまして、低音不足は感じません。  そして、音の印象は以前と変わって、少しドライな感じといいますか、高域がスッキリと伸びた感じになりました。  

クリップポイントが上がったため、音量を多少大きめに上げても歪む感じはなくなりました。
 
 

« YAHAアンプの歪率特性 | トップページ | テクニクス ClassAA回路とは »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55075986

この記事へのトラックバック一覧です: YAHAアンプ 特性改善と測定結果:

« YAHAアンプの歪率特性 | トップページ | テクニクス ClassAA回路とは »

サイト内検索

Sponsors link

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ