Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 聴感補正 S/N比の測定  | トップページ | YAHAアンプ 特性改善と測定結果 »

2012年6月28日 (木)

YAHAアンプの歪率特性

友人からオーディオアナライザを借りてきたので、測定してみました。

Yaha_thd

YAHAの性格上、歪率特性を公表していたりする人はあまりいないようなので、ここに載せておきます。
負荷抵抗は30Ωです。

歪の多くは2次歪と3次歪。 クリップポイントは約4mWでした。
これはNE5532がRail to Railオペアンプではないため、電源から1.5vほどは増幅できなくてクリップして
いると思われます。  改善の余地はあります。 最低でも20mWくらいまではクリップしないようにしたいです。

  S/N比は78dB(A-WAIT、500mVrms)  

とあまり良くないですが、聴いていてノイズが気になるほどではありません。 並のFMチューナーよりは良いです。

注目したいのは、100Hz、1kHz、10kHzで歪が変わらないという点です。
   
  可聴帯域の全域で1%ほどの歪が発生。 

と書くと良くない印象ですが、YAHAの場合は1%のエフェクト量といった感じの方が正しい表現なのかもしれません。
 
カソード抵抗をもっと低くするとエフェクト量は増える方向になります。 
オリジナルの0Ωだと2%~5%程度のエフェクト量になるんでしょうか。  時間があったら試してみたいです。
 
これだけ沢山の歪があるのに、その音は暖かくやわらかで、うるささは全く感じません。 不思議です。
 
バラック状態で感じた、乾いていて透き通った音はどこに行ったの?
ハムノイズがミックスされてそう感じただけだったのかもしれないですが・・・
 
 

« 聴感補正 S/N比の測定  | トップページ | YAHAアンプ 特性改善と測定結果 »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55069024

この記事へのトラックバック一覧です: YAHAアンプの歪率特性:

« 聴感補正 S/N比の測定  | トップページ | YAHAアンプ 特性改善と測定結果 »

サイト内検索

Sponsors link

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ