Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

« 真空管の飽和領域 | トップページ | トライパスTA2020 »

2012年6月21日 (木)

結局、飽和領域とは

バイポーラトランジスタでは、ベース電流=少数キャリアが十分に蓄積されている、過剰蓄積電荷(飽和電荷)となっている状態。
FETでは、ドレイン電圧を上げてもドレイン電流が増えていかない(飽和ドレイン電流)状態。

のことを言います。


つまり物理的・デバイス的な観点から飽和領域と呼んでいるので、それらをつかった増幅回路の
動作状態からつけた名称ではないんですね。


5極管はFETと同様にプレート電圧を上げても電流があまり増えない状態で間違いない。

3極管は、プレート電圧をあげるとプレート電流が増えてしまう。 
大雑把にいうと直線的な領域では抵抗のようなもの。   
しかしながら、オフセットをもたせたようにグリッド電圧でプレート電流をコントロールも出来る。


増幅的な観点からは、電圧が動いても、出力電流(または出力電圧)が変わらない方が理想的です。


12ax7


« 真空管の飽和領域 | トップページ | トライパスTA2020 »

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55018009

この記事へのトラックバック一覧です: 結局、飽和領域とは:

« 真空管の飽和領域 | トップページ | トライパスTA2020 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ