Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« Yet Another Hybrid Amp 真空管ハイブリッド | トップページ | トランジスタのエージング効果 »

2012年6月13日 (水)

ヘッドホンアンプをバッテリー駆動してみました

ぺるけ式HPAをバッテリ駆動させてみました。

リッターバイク用のバッテリーでヘタってきたものが余っていました。 スイッチング電源よりノイズが
少ないと思うので、ちょっと試してみました。  
もとの性能は10Ahです。 ヘタったと言っても250ccクラスなら余裕でセルまわせます。

Battery


結果は残念なことに、バッテリー駆動すると、どんよりした雰囲気で明るさがなく
重心が低い音に聴こえます。

秋月のスイッチングアダプタの方が、メリハリがあってロックやポップが鮮やかで勢いがあります。
正直、ここまで差があるとは思いませんでした。

そしてスイッチングアダプタの欠点も見つかりました。
ボリュームをセンターまで上げたときに、わずかに聞こえる「ジー」という音、バッテリーでは
聴こえません。  おそらくスイッチング電源のノイズが乗ってしまっていると考えられます。

音楽を鳴らすと、全く聴こえなくなるので気にしていません。 そもそも音楽をかけながら
ボリュームをセンターまで上げられません。 だいたい9時から10時方向で聴きます。
ボリュームはBカーブですので、それでも相当な音量なのです。

ちなみに、ぺるけ式HPAの電源を左右独立させる33Ωはバイパスしています。 
この33Ωがあると、ここまで電源の違いが音質に影響することはないのかもしれません。
ただ、33Ωがあるのとないのとは、ベールがひと皮剥けたくらいの違いがあるのは確かです。

まあ、好みの違いでしょうか。 ライブを後ろ側で静観するのが好きな人と、ステージ近くで飛び跳ねて騒ぐのが
好きな人、というのに近いかもしれませんね。 ひとそれぞれです。

« Yet Another Hybrid Amp 真空管ハイブリッド | トップページ | トランジスタのエージング効果 »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/54951503

この記事へのトラックバック一覧です: ヘッドホンアンプをバッテリー駆動してみました:

« Yet Another Hybrid Amp 真空管ハイブリッド | トップページ | トランジスタのエージング効果 »

サイト内検索

Sponsors link

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ