Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« ぺるけ式HPA改造まとめ(2) | トップページ | 本日のカワセミ »

2012年6月 9日 (土)

エージング効果

アンプのエージング効果は、経験上はかなり影響力があると考えています。

電解コンデンサが、製造されてから全く電圧が印加されていない状態でてもとまで
やってきて、突然電圧が入る。 
そこで電解液や薄膜アルミの表面状態に影響を及ぼすのではないかと私は考えています。
つまり、エージング効果は電解コンデンサが主な要因なのではないか。

長い間使われていなかった電子機器に電源いれると、とりあえず動いたとしても、
その後、すぐに(1週間から1ヶ月)壊れてしまうという現象に、何度もあったことがあります。
大抵の場合、電解コンデンサに起因する故障だと思っていますが、真相はわかりません。


Cap_2


オーディオ製品に使われる電子部品で、信頼性が低い or 寿命の短い部品 ワースト5は

 ・電解コンデンサ
 ・半固定抵抗
 ・小型トリマーコンデンサ
 ・ディレーティングが足りないトランジスタ/FET
 ・レーザーピックアップ(CD/DVD)
 ・リレー

あたりでしょうか。 統計をとった正確な情報ではありません。 単に私のカンです。
6項目になってしまいました。


話が逸れてしまいましたが、今回ぺるけ式HPAの終段トランジスタを本家と同じ2SA1358/2SC3421
に交換
しました。
電解コンデンサはそのままです。 これでエージング効果が感じられれば半導体でも
エージング効果があるということになります。

さて、その結果は・・・ 1週間ほどお待ちください。

« ぺるけ式HPA改造まとめ(2) | トップページ | 本日のカワセミ »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/54918485

この記事へのトラックバック一覧です: エージング効果:

« ぺるけ式HPA改造まとめ(2) | トップページ | 本日のカワセミ »

サイト内検索

Sponsors link

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ