Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« オペアンプICとディスクリートアンプ | トップページ | 思い出した »

2012年6月 2日 (土)

サンスイ

今年、2012年4月2日についに倒産となってしまったサンスイ。山水電気。

面白いページを発見しました。
イシノラボ/マスターズ店長

サンスイで907/707/607シリーズの開発に携わった方らしいです。

回路図などは載っていないですが、大変貴重なお話をこの連載の中で書かれております。

私が高校生のときにバイトなどして始めて買ったアンプがAU-α607iでした。
あの艶やかで滑らかで、それでいてパワフル。他社とは明らかに一線を画す「音楽の表現力」に魅了されたのを
今でもはっきり憶えています。
実家に保存しておいたつもりが、いつの間にか捨てられていて、ともて悲しい思いをした。

当時は回路のことなどよく分かっていなかったのですが、今思えば、この価格帯のアンプでサンスイだ
けバランスアンプ構成のため、他社に比べて多くのトランジスタを使わなければならない。
特に出力段は完全に独立した4ch分のアンプが必要で、コスト競争力は著しくわるい。利益が出しにくいアンプだったかもしれません。

A607i


« オペアンプICとディスクリートアンプ | トップページ | 思い出した »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/54858662

この記事へのトラックバック一覧です: サンスイ:

« オペアンプICとディスクリートアンプ | トップページ | 思い出した »

サイト内検索

Sponsors link

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ