Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« ヘッドホンアンプをバッテリー駆動してみました | トップページ | ぺるけ式HPA改造 最終調整 というか確認作業 »

2012年6月14日 (木)

トランジスタのエージング効果

先週、ぺるけ式HPAの最終段のトランジスタを2SA1859/2SC4883(サンケン)から
オリジナルと同じ2SA1358/2SC3421に交換しました。
許容されるコレクタ損失が違うので、アイドリング電流も55mAから35mAへ調整。

その直後に聞いた音から、約1週間たって聞いた音に違いがあるのでしょうか。

電解コンデンサなど、音質への影響が大きい部品は交換していません。
トランジスタのみのエージングで効果があるのか、ないのか判断できると思いました。


Tr_1


結果は、最初の数時間は、ギスギスした感じ、イガイガした感じがありました。

  1日目(10時間後) 電源を入れっぱなしで、少し角がとれてきたように感じました。

  2日目(24時間後) 耳が慣れてきた? 少しイガイガを感じなくなった。

  3日目。 ギスギス感を感じません。 なめらかで高域まで透き通った清々しい響き。

  5日目。 前回からあまり変わらず。 聴きやすい音。 低音の伸びも十分。 
        一度電源を落として、数時間後に再度電源投入、すぐに音を聴いても、傾向は変わらず
        聴きやすい爽やかな響きです。

  6日目。 5日目の試聴後、電源は落としておいた。 電源を投入して直後でも十分な滑らかさ。
        もう、初期のギスギス、イガイガ感は全くありません。 


トランジスタでもエージング効果をははっきりと感じられたので、これは気のせいではないと思います。
音質の変化の殆どは電解コンデンサのせいと思っていたのは間違いだったようです。
良い経験ができました。  ありがとう。

■結論  トランジスタもエージング効果はある


« ヘッドホンアンプをバッテリー駆動してみました | トップページ | ぺるけ式HPA改造 最終調整 というか確認作業 »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/54958238

この記事へのトラックバック一覧です: トランジスタのエージング効果:

« ヘッドホンアンプをバッテリー駆動してみました | トップページ | ぺるけ式HPA改造 最終調整 というか確認作業 »

サイト内検索

Sponsors link

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ