Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

« トライパスTA2020 | トップページ | 100円ショップのケースで YAHAアンプ »

2012年6月22日 (金)

CDプレーヤー測定用フィルタとは

電子情報技術産業協会(JEITA)規格 CP-2402A「CDプレーヤの測定方法」という測定方法に基づいて測定
するのですが、その中のLPFがかなり厄介なものと思っています。

Cd_filter


トライパスのDクラスアンプも、このフィルタを入れて特性を測ってくれと言われたのですが、20kHz以上の
信号をこれだけ急峻にカットしてしまったら、高調波成分(ひずみ成分)をマスクしているようなもの。

オーバーサンプリングデジタルフィルタがCDプレーヤーに搭載されていない初期の頃に策定した基準ですので、
仕方がないといえばそれまでですが、フルターなしで測定した結果が、LPレコードやカセットテープに
負けるわけにはいかないという側面もあったのかもしれません。
 
 

« トライパスTA2020 | トップページ | 100円ショップのケースで YAHAアンプ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CDプレーヤー測定用フィルタとは:

« トライパスTA2020 | トップページ | 100円ショップのケースで YAHAアンプ »

サイト内検索

Sponsors link

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ