Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« ぺるけ式ヘッドホンアンプを作りました | トップページ | ぺるけ式ヘッドホンアンプの?なところ »

2012年5月22日 (火)

ぺるけ式ヘッドホンアンプの良いところ

正直、色々勉強になりました。
ざっと、良いところをあげますと

・回路がシンプルで再現性が高い。
・コストが安い。
・ラグ端子を広く使っているので、メンテナンス性が良い。

  これらは、初心者にも作りやすい環境を整えてくれている気がして関心しました。
  回路が密集していないのでテスターで電圧を測りやすいのでトラブルシューティング
  も楽にできるのではないでしょうか。

・割り切り方がすごい。

  DC成分を帰還していない。 初段FET選別が必須。 1段増幅。
  その結果、回路がシンプルになっている。  

今回はその中のFET選別も2SK389を使うことで省いてしまったのですが・・・

2SK170に対して2SK389は、2mA時のgmが約20mSに対して約18mS。
つまり初段のゲインが若干少ない。 = 帰還量が少ない。

その為なのか、音量を上げていくと耳につく歪みが増える。
このあたりはエージングが終わってから調整してみるつもりです。
定電流の電流値を上げるか、オーバーオールのゲインを下げるか。

結婚してオーディオアナライザとオシロを手放してしまったのが悔やまれる。

ペルケさんのFET差動ヘッドホンアンプのページ

« ぺるけ式ヘッドホンアンプを作りました | トップページ | ぺるけ式ヘッドホンアンプの?なところ »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/54771393

この記事へのトラックバック一覧です: ぺるけ式ヘッドホンアンプの良いところ:

« ぺるけ式ヘッドホンアンプを作りました | トップページ | ぺるけ式ヘッドホンアンプの?なところ »

サイト内検索

Sponsors link

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ