Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 音量を上げた時の歪の原因について(2) | トップページ | ぺるけ式HPA改造まとめ »

2012年5月26日 (土)

音量を上げた時の歪の原因について(3)

3.のNFB量の前にやっておきたいことが、4.のダイヤモンドバッファーのアイドリング電流の調整です。

上下の1.5kΩの次に入っている82Ωの抵抗。 これが最終段のエミッタ抵抗10Ωとバランスをとって、アイドリング電流を決定しています。 
バッファの前段の電流は、電源電圧と1.5kΩで決定され、9.3V÷2÷1.5k=3.1mAです。
この電流は、まったくもって十分な電流と思います。
最終段は、エミッタ抵抗の10Ωの両端の電圧を測ると、直読できますね。  24mAになっていました。

手持ちの抵抗が、100Ωしかなかったので、82Ωの抵抗を100Ωに交換してみました。
結果、最終段の電流は30mAとなりました。

さてさて、音質はといいますと、激変!

高域でうるさかった部分が、解消されて、私が必要とする音量まで問題なく聴けるようになりました。  ただ、MDR-CD3000はだめです。 高域の感度が高いのか、今までと同様にうるさく感じます。

ボーカル領域が引っ込んでいるのも変わらず。  んん~ん。 DCカットのコンデンサが悪いのかな?

原因不明のまま、今夜も悩みます。

 

 

« 音量を上げた時の歪の原因について(2) | トップページ | ぺるけ式HPA改造まとめ »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/54806082

この記事へのトラックバック一覧です: 音量を上げた時の歪の原因について(3):

« 音量を上げた時の歪の原因について(2) | トップページ | ぺるけ式HPA改造まとめ »

サイト内検索

Sponsors link

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ