Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« ぺるけ式ヘッドホンアンプの良いところ | トップページ | 電源デカップリングの容量 »

2012年5月23日 (水)

ぺるけ式ヘッドホンアンプの?なところ

このアンプの電流の大きいところを回路図に書き足してみます。

電源デカップリング2200uFに貯えている電荷が、出力バッファを通して、DCカットコンデンサも通してヘッドホンへ出ていきます。
そして、左右共通になったGND端子へ電流が戻って電源デカップリング2200uFへ帰っていきます。

New5schematica_2

改訂版の前の実装図では、素直にヘッドホンGNDがデカップリングコンデンサへ戻るような
配線になっていました。 しかし改訂版では、あろうことか、差動回路のQ1・Q2が基準にしているGND線へ電流が流れてしまう配線図になっています。

回路図に書き足すと下のようになります。
まずいのは、初段差動の入力部、470k抵抗と100ΩVRを落としているGND線上にヘッドホンからのリターン電流が流れてしまっている事です。 
これでは差動動作に、要らない電位が混じってしまいます。

GNDも配線であるため、そこに電流が流れると電位が発生するためです。
しかもヘッドホン特有の左右入り混じったリターン電流が流れるのです。

 

New5schematicb_3

気分的な問題かもしれませんが、通常のヘッドホンを改造なしで使う場合はGNDが共通になっているため、電源やGNDを左右で独立させる効果が出にくいのではないでしょうか。
GNDや電源デカップリングを左右で分けても、リターン電流は混じって戻ってくる。 
さて、左右のどちらのGNDへ戻す?  といったジレンマが発生してしまいす。

GNDが分かれていないボリューム近辺のラグ端子へ戻した(落した)のが改訂版です。

ヘッドホンごときのドライブ電流は大したことないから無視するという趣旨なら、それはそれでアリなのかもしれません。

エージング続行中。 若干聴きやすくなってきました。

つづく・・・

すみません。 回路図はぺるけさんのところから無断拝借しています。
依頼がありましたら削除させて頂きます。

« ぺるけ式ヘッドホンアンプの良いところ | トップページ | 電源デカップリングの容量 »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/54779222

この記事へのトラックバック一覧です: ぺるけ式ヘッドホンアンプの?なところ:

« ぺるけ式ヘッドホンアンプの良いところ | トップページ | 電源デカップリングの容量 »

サイト内検索

Sponsors link

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ