Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

トップページ | ぺるけ式ヘッドホンアンプの良いところ »

2012年5月21日 (月)

ぺるけ式ヘッドホンアンプを作りました

ぺるけ式ヘッドホンアンプを作ってみました。
2SK170はかなり厳密にペアを選別しなければならないアンプだけど、
面倒なので2SK389を使った。  熱結合だけではなく、Idssの特性もよく揃っている。

色々手持ちの部品を使ったので、初段FETが2SK389、最終段のトランジスタはSA1859/2SC4883。
オリジナルよりゴージャスになってしまったかもしれません。

ケースは100円ショップの窓付きの木箱で、内部回路が見えるのがおしゃれ?

ただ、ボリュームに手を触れるとハムノイズを拾ってしまう。 またボリュームをセンターにすると周囲のノイズを拾う不具合が発生。

結局、ボリューム周りにアルミテープでシールドしてGNDに落として対処しました。

初段FETだと、入力インピーダンスが高くて、あれこれ周囲のノイズを拾ってしまうんですね。
うちは強電界地域ではないはずなのですが、何かの電波を拾ってビートダウンを起こしてビビビっ ビビビってノイズが聞こえていました。

シールド後は、CDをSTOPした状態でボリュームをセンターにするとわずかに聞こえる程度。

完全ではないけど、スケルトン木箱では、こんなところでしょうか。
実際に音楽を聞くときのボリューム位置では感じられないので許せる範囲内と思います。
 

トップページ | ぺるけ式ヘッドホンアンプの良いところ »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/54767932

この記事へのトラックバック一覧です: ぺるけ式ヘッドホンアンプを作りました:

トップページ | ぺるけ式ヘッドホンアンプの良いところ »

サイト内検索

Sponsors link

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ