Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 所有しているヘッドホンは・・・ | トップページ | 音量を上げた時の歪の原因について »

2012年5月25日 (金)

ぺるけ式ヘッドホンアンプのGNDリターン

さてさて。 エージングの効果も進まない状態になってきましたので、
先日のGND周りの変更を試してみました。

New5patterna

オリジナル(訂正後)の実装図にヘッドホンへの電流を書いてみますとこのようになります。
汚い絵ですみません。
ヘッドホンのGND端子へは、ボイスコイルを駆動した電流がそのまま戻ってきます。
分かりやすく説明するために、定常状態から+側へ振れた瞬間の電流を記載しています。

まずいと思うのは、初段の増幅部の基準にしているGND線へ、リターン電流が流れているところです。 (ちなみに、ぺるけさんの改訂前のGNDリターンは、電源デカップリング近くなので問題はないと思います。)

New5patternb

こちらが、変更後の実装図です。 左右チャンネルの電源デカップリングの-端子同士を配線でつなぎ、そのセンターへヘッドホンGNDをつなぎます。

こうすることで、電源の独立性は半減するかもしれませんが、もともとヘッドホンのGNDが共通なので無視します。  それより唯一の増幅部の基準ポイントに、ヘッドホンのドライブ電流が流れなくなります。

それでは、その効果はどれほどのものでしょう?

実際に聞いてみたところ、思ったほど違いが感じられません・・・
音量を上げた時に気になる耳障りな歪が邪魔をしていて、それどころではない感じです。

つづく・・・

 

 

« 所有しているヘッドホンは・・・ | トップページ | 音量を上げた時の歪の原因について »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/54793659

この記事へのトラックバック一覧です: ぺるけ式ヘッドホンアンプのGNDリターン:

« 所有しているヘッドホンは・・・ | トップページ | 音量を上げた時の歪の原因について »

サイト内検索

Sponsors link

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ