Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 音量を上げた時の歪の原因について | トップページ | 音量を上げた時の歪の原因について(3) »

2012年5月25日 (金)

音量を上げた時の歪の原因について(2)

C電源の電圧不足で、大振幅時に初段の増幅が歪むと、解析されている方がおりました。
Ayumi's Lab.のAC100V版の改造という項目です。

さてさて、オシロスコープなど波形観測手段を持たないので、どう切り崩していくかが問題です。

ヘッドホン出力からアンプに接続して、ヘッドホンアンプのボリュームを上げるに従い、アンプのボリュームを下げて行き、スピーカーから出る音がどこらへんで歪み始めるのかをテストしてみました。

結果、なんとヘッドホンアンプ側を最大まで上げても、さほど歪む感じがない。

つまり、大振幅で、どこかがクリップするとか、C電源の電圧不足という線は消えました。

ぺるけさんのFET差動ヘッドホンアンプ

 

 

« 音量を上げた時の歪の原因について | トップページ | 音量を上げた時の歪の原因について(3) »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/54798068

この記事へのトラックバック一覧です: 音量を上げた時の歪の原因について(2):

« 音量を上げた時の歪の原因について | トップページ | 音量を上げた時の歪の原因について(3) »

サイト内検索

Sponsors link

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ