Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

2018年12月 5日 (水)

新DAC基板のプログラム ほぼ完成。

ここ3週間ほどで、プログラムの方は一通りの機能を実装できました。細かい動作検証はこれからです。

先日の状態(まともな音が出せる+最低限の機能)から以下の機能追加を行いました。

Sb32pro1

 

» 続きを読む

2018年11月30日 (金)

時間分解能で比較してみるPCMとDSD 楽器までの距離との関係

DSDをPCMに変換すると、空気感が減ってしまうという意見が複数名からあり、違いは何だろうと考えていました。

音の記録のデジタル化において、記録可能な周波数から考えると20kHzまで記録できればOKという共通認識をもとに、CDが40kHzをちょっと超えるサンプリング周波数に決まったのはご存知の通りです。(細かいところは色々あったようですが。)

近年のハイレゾ音源は、CDと同じPCM方式で、96kHzや192kHz、ビット数が24bitや32bitというフォーマットが主流です。少数派ですがDSD音源も少しづつ増えてきています。

人には聞えないとされる20kHz以上の高音が入るという面と、時間軸/電圧軸の分解能が高いという面がハイレゾにはあると考えられます。

Dsd

DSD信号は、この図のように非常に細かいパルスで表現することで1bitながら音楽を記録することができます。

 

» 続きを読む

2018年11月23日 (金)

Philewebのラズパイ・オーディオ通信(52)にて

ツイッターで見られた方は既にご存知かと思いますが、こんな記事が出ております。

Philewebのレビュー記事

海上忍のラズパイ・オーディオ通信(52)

ラズパイでDSD 5.6MHzのネイティブ再生も可能! DACカードに期待の新モデル登場

Newdac2_2

 

» 続きを読む

2018年11月21日 (水)

アルミベース for SabreberryDAC ZERO 値下げです

今年の春以降、大変人気だったアルミベース for SabreberryDAC ZEROが1000円ほど値下げしました。

Aluminum03

マッドでソリッドなアルミと高精度レーザ加工のアクリルとの組み合わせのケース。実はアルミ表面の印刷に見える文字もレーザーでアルマイトの黒色を飛ばしています。

 

» 続きを読む

2018年11月20日 (火)

Raspberry Pi 3 Mode A+

すでに皆さんもご存知と思いますが、ラズベリーパイに新しいものが登場します。

円周率のパイ(3.14)にかけて3月14日あたりに登場することが多いRaspberryPiですが、今年はクリスマスに合わせての発表ですね。

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1153595.htmlRaspberry Pi 3 Model A+

 

» 続きを読む

2018年11月16日 (金)

Tinker Board S版のVolumio 2.502用Sabreberry32 ドライバ リリース

Volumio2.502で久しぶりにTinker Board 用のイメージデータがアップされていました。

今回、用意できたのはSabreberry32 ドライバは「S」専用です。 無印の Tinker Boardではないことに注意が必要です。

Tinker_volumio2

久しぶりのTinkerでのKernel buildにつまづいたのと、volumio2のちょっとしたバグに遭遇して想定を超える時間がかかってしまいました。(詳細は後述)

 

» 続きを読む

2018年11月 9日 (金)

Volumio2.502用のSabreberry32ドライバをリリース

Volumio2がバージョンアップされ v2.502になりました。

主な変更点は、MyVolumio というサブスプリクションを用意して、欧米でサービスしているTIDALやQuobuz というストリーミングのプレイリストをクラウドに保存できたりするらしいです。

無料版、Virtuoso(有料版)、Superstar(有料版/機能多い)、の3本があります。

TIDAL/Quobuz が使えない日本では無料版を使っていて問題ないと思います。有料版はクラウドを使うことでリモート操作ができたり、マルチルーム同期ができたりするようです。

Voumio2502_1b

<MyVolumio が追加されたVolumio2.502>

 

» 続きを読む

2018年11月 3日 (土)

RPi.GPIO と pigpio のパルス幅の精度を測定

本日は、OSCにて予想外に質問が多かったGPIOのPWM出力を比較してみましょう。

 

RPi.GPIOは初期のころからサポートされているGPIO操作のライブラリです。

2つあるハードウェアのPWMポートを使うのだと思っていましたが、実はGPIOすべてで使えます。

Pwm01

 

一方の

» 続きを読む

2018年10月30日 (火)

OSC2018東京に沢山のご来場ありがとうございました

10/27、28日のオープンソースカンファレンス(OSC)東京に沢山のご来場ありがとうございました。

同室で展示していました明星大学 尼岡研究室様のドローンのコントローラもよく出来ていて関心しました。自分たちでプログラムを作り、モノを動かすというのは楽しいですね。学生さんもOBさんも教授も、とにかく活き活きとしていたのが印象的です。

Osc18tk3

実機がなくてもPC上でシミュレーションできたり、緊急停止(緊急着陸)できる仕組みを作り上げている点も非常に実践的でした。

 

» 続きを読む

2018年10月25日 (木)

湘南ビーチFMの試験放送 192kbps

国内では、64kbpsのAACなど低ビットレートの放送が多いなか、湘南ビーチFMでは試験放送ではあるものの、192kbpsという高ビットレートのストリーミングを提供しています。

Beachfm

http://www.shonanbeachfm.com/wp/listen-radio/

 

» 続きを読む

2018年10月22日 (月)

OSC 2018 東京 FALLへ出品

オープンソースカンファレンス東京が10月27日(土)28日(日)に明星大学にて開催されます。

今回は、先月のODC(オープンデベロッパーズカンファレンス)のようなセミナー講師は務めないため、自由な時間で情報交換ができるかと思います。

持っていくスピーカーは、ステレオ誌付録のマークオーディオ「OM-MF5」にしようと思っていたのですが、前回のOSCにてびぎねっと社長・宮原さんが持ち込んだFostex FE88-Solに対抗すべく以下のようなものにします。

Spk01

OM-MF5(右)ではなく。。。

 

 

» 続きを読む

2018年10月 7日 (日)

Moode Audio 4.3 用のSabreberry32ドライバ

Moode Audioは非常に精力的に開発を進めているようです。

今回のR4.3からは、再びイメージファイル提供に戻りました。

公式サイトからダウンロードしてきて、imgファイルをSDカードに転送すれば起動します。

Moode43

 

» 続きを読む

«volumio 2.457用のSabreberry32ドライバを仮リリース

サイト内検索

Sponsors link

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ