Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

2017年2月19日 (日)

Sabreberry+、 Sabreberry32 用アクリルパネルがバージョンアップ

emerge+さんのアクリルパネルがバージョンアップしたそうです。 

PM-00004-4 

» 続きを読む

2017年2月14日 (火)

SabreBerry32 新ドライバについて

1月の下旬くらいに用意したVolumio 2.041用のドライバから新ドライバを導入しています。 

既にお気付きの方もいらっしゃるようですので、ここで紹介いたします。 

volumioへのドライバ組み込み手順はこちらをご覧下さい。

Moode31_384k4 

何が変わったのかといいますと

» 続きを読む

2017年2月 4日 (土)

2SC2240の拡大写真 偽物の2SC1815も

20世紀の最後のあたりに入手した2SC2240から、昨年の春に秋月電子で購入したC2240など、拡大写真をとってみました。 

最近、このトランジスタの偽物が出回っているとの噂もありますので、見比べてみてはいかがでしょうか。 

C2240_01

昔は、このような箱に入っていました。 東芝系の代理店から取り寄せたものなので偽物である可能性はゼロです。 

» 続きを読む

2017年1月29日 (日)

ディスクリート電源基板 DC-ARROW 頒布開始

トランスの交流電源から整流して、RaspberryPiやBBB/BBGの5Vへ電源を供給するDC電源基板 DC-Arrowの頒布を開始しました。 

Dcarrow_c_2 

案内はこちら。  ネットショップはこちらからどうぞ。

 

» 続きを読む

2017年1月21日 (土)

TIM歪とは スルーレートとの関係に迫る

高速アンプの説明で登場するTIM歪とはどんなものなのでしょうか。 

TIM歪(Transient Intermodulation distortion)とは、フィンランドの物理学者でオーディオ研究家のマッティ・オタラ氏が提唱したもので、THDが低い低歪アンプでも過渡応答が良くないアンプは音が悪いということを示したかったようです。 半導体アンプ黎明期には、応答速度の遅いアンプが多かったのかもしれません。 

 

本日は、シミュレーションを使ってTIM歪の波形を見てみましょう。 

Tim1

» 続きを読む

2017年1月16日 (月)

ALX-03 ついに頒布開始

大変おまたせしました。 スイッチサイエンスさんから発売されました。

Alx03sws

こちらからどうぞ。

» 続きを読む

2017年1月14日 (土)

電流帰還アンプ基板 ALX-03 初回分を出荷しました。

今回は、結構な数を用意しています。

Alx232 

» 続きを読む

2017年1月 3日 (火)

2017年1月10日発売のトランジスタ技術2月号に掲載

来週、発売になりますトランジスタ技術にちょっとだけパワーアンプ基板の記事が掲載されます。 

  VFA-1(ディスクリート電圧帰還パワーアンプ)
     VS
  CFA-1(ディスクリート電流帰還パワーアンプ)

完結編です。

Toragi2

 

» 続きを読む

2017年1月 2日 (月)

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

Dcarrow1 

» 続きを読む

2016年12月24日 (土)

SabreBerry32のドライバも384kHz対応版をリリースします。 Moode Audio Advanced kernel 専用

Moode AudioのAdvanced kernel でサポートしたサンプリング周波数348kHzまでの再生は、ES9023を使ったSabreBerry+で、割とまともに再生ができていたことにショックを受けてしまいました。(全く音が飛ばない訳ではない)

Moode31_384k4

それならば、SabreBerry32版もリリースしない訳にいかない!?

» 続きを読む

2016年12月23日 (金)

Moode Audio R3.1 のAdvanced kernel では384kHz再生が可能?

Moode AudioのAdvanced kernel を選択する部分の注意書きに興味深いことが書いてあります。

ES9023 と PCM512Xで 384kHzサンプリングレートに対応している!?

Moode31_384ka 

ES9023はSabreberry+に使っているDAC-ICですが、カタログスペック上は192kHzまでのDACのはずです。 

 

» 続きを読む

2016年12月21日 (水)

WebIOPiで遊んでみる RaspberryPi3 と 2016-11-25-raspbian-jessie-lite

RaspberryPi3 で WebIOPiを使って遊んでみました。  

Webiopi3

SDカードにimgファイルを入れて起動して、、、sshが繋がらない。。。 

» 続きを読む

«アレキサンダー電流帰還アンプ ALX-03の回路定数FIXしました

サイト内検索

Sponsors link

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ