Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

2016年12月10日 (土)

Rコアトランス vs トロイダルトランス 同じ仕様のトランスを比較してみる。 音質はどう違う?

決戦は金曜日と決まってますね。 

あまり長い時間は聴きこんでいませんが、ざっと試聴ディスクを1周した時点での感想を書こうと思います。 

 

Toransform1 

トランスにエージング効果が出るのか? 

そこは見なかったことにして、早速、Rコアとトロイダルのトランスの比較をしていきましょう。 

 

» 続きを読む

2016年12月 8日 (木)

ALX-03 暫定回路定数を公表します。

もう少し測定などしてから最終的な定数を決定しますが、とりあえず現時点での回路定数と回路構成を公表いたします。 

 

Alx03sch1

こんな感じです。 

 

» 続きを読む

2016年11月29日 (火)

VolumioとMoode Audioがバージョンアップされています

Volumio がV2.031にバージョンアップされているようです。

Volumio2031

 

そしてMoode Audioも3.0に!

 

» 続きを読む

2016年11月27日 (日)

大阪 日本橋 初デジット訪問記

ちょっと用事があって週末に大阪に行ってまいりました。 ついでと言っては何ですが、せっかくですのでデジットさんへ行ってみることにしました。

Difit1127 

雨が降っていることもあってか店内は空いて、とても見やすかったです。

驚いたことに、非常の幅広く部品を取り揃えていらっしゃいます。

 

» 続きを読む

2016年11月23日 (水)

B4-DACのTIPSを紹介します

あまり詳しく説明していませんでしたが、回路図を見て分かる人は発見していると思うTIPSを紹介いたします。 

 

B4dac48

B4-DACは、2つの発振器を搭載しています。 45.1584MHz と 49.152MHz。

これは、楽曲が44.1kHz系(44.1k、88.2k、176.4k)と48kHz系(48k、96k、192k)とでDACに必要なクロック周波数が違うからです。 再生するデータに合わせてドライバがGPIOを操作してクロックを選択する仕組みになっています。

 

 

» 続きを読む

2016年11月18日 (金)

ヘッドホンアンプにぴったりなトロイダルトランス

あのデジットさんからヘッドホンアンプにぴったりのトロイダルトランスが発売になります。 

電圧は、AC 6.3V  が 2回路です。

Hdb25a

実は、HPA-12に合わせて作っていただきました。 

ありがとうございます。 

 

» 続きを読む

2016年11月12日 (土)

ALX-03 進捗 70% くらいか

アレキサンダー型電流帰還アンプ ALX-03基板の進捗です。 

まだまだテスト中ですが、途中経過として報告です。 

 

夏の暑い時期ではケース加工などちょっと滞っていましたが、涼しくなってから再開していました。  

Alx03ti  

ケースに入れた状態だと、VFA-01と殆ど見分けがつきません。 

あえてこの形にしているためです。 

 

» 続きを読む

2016年11月 5日 (土)

RaspberryPi vs Beagle Bone I2S信号について

RaspberryPi vs Beagle Bone  の I2S信号について、まとめてみようと思います。 

 

どちらも小型のLinuxボードで、I2S信号を出すことができます。 

Pivsbb01_2

信号のアサインはこのようになっていて、DAC-ICへ直結してオーディオデータを転送することが可能です。 

ただし、RaspberryPiの場合はMCK(SCK) というマスタークロック(システムクロック)には注意が必要です。 というのも、MCKを出力(入力も)させることができないからです。

一方のBeagle Boneは、外部からMCKを入力してI2S信号の基準源に使用することができます。 つまり精度は外部からのクロックに依存するようになります。

 

» 続きを読む

2016年11月 3日 (木)

SabreBerry32のExt端子について

SabreBerry32基板上にはデバッグ用にI2S端子が存在します。

外部にI2Sを出したいという方にはメールで情報をだしていたのですが、ここ2週間くらいで複数の方からお問い合わせをいただきましたので、紹介したいと思います。 

Sabre32_pin 

こんな感じに、直径1.2mmのテストランドが設けてあり、番号を振っています。

 

» 続きを読む

2016年10月31日 (月)

B4-DACを計測してみたところTI のデータシートを大きく上回る数値が!?

さすがにやり過ぎた感がある電源パターンとコンデンサの容量、そして発振器の種類と配置により、びっくりするような計測値がでてしまいました。 

B4_keisoku01 

こちらは、fs=96kHz/24bitのWAVで、1kHz 0dBの信号を再生したときの歪率です 約0.007%です。

WAVファイルはNASに置いた状態です。 写真の通り普通のEthernetケーブルをつなげていて、基板はノーシールドです。 

 

いたって普通の数値です。 データシート通りの数値で問題ありません。
fs=48kHz/24bitだと、もう少しだけ良くなります。 

 

ところが、S/N比を計測すると、どうでしょう!?

 

» 続きを読む

2016年10月29日 (土)

B4-DACの基板拡大写真

拡大写真が見た~い。 

というご要望があったかどうか。 分りませんが、今回はNDAなどの縛りが特にないので全公開いたします。 回路図は既に、こちらで公開してます。 

 

B4dac_aa

こちらが表面です。 

 

» 続きを読む

2016年10月23日 (日)

Botic7をインストールする方法

Beagle_botic_2

Beagle Bone Black / Greenに Boticをインストールする方法をまとめました。 

 

Boticとは、Beagle Bone Black やBeagle Bone Green 用のネットワークオーディオ ディストリビューションのひとつです。

» 続きを読む

«Stereo2016年8月号 メタルコーンスピーカーの箱の仕上げに水性ニスを塗ってみました

サイト内検索

Sponsors link

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ